2018年F1 モナコGP感想

 

こんにちはMIYAです(*´ω`*)

 

モナコもなかなか熱いレース展開になりましたね~

 

リカルドおめでとう!!

 

たしか2年前のモナコではピットインしたときにタイヤが用意されていなくて優勝を逃したんですよね(´・ω・`)

その時の悔しさをバネに今回はやってくれました!!

 

 

 

にしても、PUの問題がレース序盤で起きてそのまま守りきったんだから尋常じゃない集中力とテクニック。

要はエンジンが去年までのホンダ以下の出力しかないのに勝ったってことですよね?

低回転のときはまだ走れていたみたいなんで少し解釈が違うかな??

 

 

今回のレースを見て改めて思いましたが、彼は将来絶対ワールドチャンピオンになりますね!!ね!?

レッドブルは来年以降もリカルドと契約すべし!!

フェラーリやメルセデスに渡しちゃ駄目!!

 

 

そしてチームメイトのマックス君。

彼は今シーズンはホントに絶不調ですね・・・。パワプロで例えたら紫ですよ(´・ω・`)

 

一応ポイントは取ったので最低限のリカバリーはしたと思いますが、それでも相方が優勝ですからね・・・。

 

このままの調子が続くようなら2020年まだ契約があるとは言え、ウカウカしてられないのでは?

現在のポイントもリカルドさんに倍のスコア付けられてますからね。

 

 

 

2年ぶりにモナコを走ったアロンソさんでしたが途中リタイア残念でした。

今年初めてノーポイントになってしまいましたね。

去年までのフラストレーション溜まりまくりのシーズンとは違って今年は調子が良いのでそこまで気にしてないのかな本人は?

リタイアするまではフェルスタッペンを抑えてましたからね。さすがっす。

 

 

 

次戦のカナダは各チーム新PUを持ち込むらしいので中段グループの勢力図がどう変わっていくのか楽しみです!

 

 

それでは(*´ω`*)




広告

6件のコメント

  1. 通りすがりのF1ファン

    タイヤが用意してあれば間違いなく勝てるといじられてましたが、2年前の忘れ物を取り戻せてよかったですね~。
    リカルドのマシンはMGU-Kの故障により160馬力失っていてそれにより、タイヤとリアブレーキがオーバーヒートしやすい状態と、ほぼV6ターボエンジンのみに頼るしかない状態になっていたようです。
    ギアを7速に入れるだけのパワーを得られないため6速までしか加速できない状態でもあったようです。
    ベッテルさんのプレッシャーにさらされてミスをしなかったのもすごいです。

    アロンソさんはギアボックストラブルだったようですが、連続入賞が途切れてしまいましたね・・・
    アロンソさんはルマン24時間がある耐久レースのWECにフル参戦しているので、今後しばらく休みなしですね。

    フェルスタッペンとサインツの競り合いとかルクレールのブレーキが終わっていてハートレーに追突とか冷や汗モノのシーンも多々ありましたね。
    ヒュルケンベルグが第1スティントをかなり長く走ったり、1位から5位まではタイヤを交換するしないでチキンレース状態になった上、終わったタイヤで我慢比べになってたり(笑)

    • MIYA

      ある意味エンジントラブルがこのモナコでよかったですよね。
      他のサーキットなら問答無用で抜かれてたでしょうし。
      逆にトラブルを抱えたマシンですら抜けないコースというのもショートしてはどうなの?と思ってしまいますが・・・

      アロンソさんは今年大忙しですね~笑

      ルクレールがモナコ出身というのも今回知りました!!
      あのクラッシュはあの程度で済んで良かったですよね(´・ω・`)
      相手のハートレーも競争力失ってましたしね。リカルドに突っ込まなくてよかった笑

    • 通りすがりのF1ファン

      モンテカルロ市街地は抜けないコースだと少なくとも30年は言われていますし、後ろのクルマが3秒速くても、前のクルマにコースの真ん中を走られたらまず抜けませんよね。
      それに加えてレコードラインを外れるとタイヤかすという罠が・・・
      2001年までのホッケンハイムリンクのような変態コースの1つや2つあったほうが面白いですが(笑)モナコはもう伝統と景観が8割じゃないですかね・・・(そこがまたいいんですが)

      MIYAさんのアップしているF1 2017の動画がFOMの著作権に引っかかるのは、2017からゲーム内でTV中継と同じF1公式(旧)ロゴとコース紹介のCGが導入されてるのも一因かもしれませんね・・・

      F1 2017での走らせ方ですが、兎にも角にもアクセルとブレーキは舵角を入れず直線的にまっすぐです。
      レース用のタイヤ(スリックタイヤ)は横方向の踏ん張りが強力なので、グリップを縦に縦に(前に前に)使ってなんぼのモノだと紹介されてました。
      ゲームとはいえ、モナコGP78周を疑似体験すると、やみつきです(汗)

    • MIYA

      たぶんゲームの中で使われてる映像がおっしゃる通りTVと同じものでそれがアウトのようです。あと世界地図のやつも(´・ω・`)

      2年前のF1 2015からはそれなりに成長してると思ってますが、やっぱりまだ無傷で3周も走れません笑
      あと、どうしても2017年マシンだとローズが回り切れないんですがなぜでしょうか?

    • 通りすがりのF1ファン

      抜きづらいといわれるモナコですが、2006年にミハエル・シューマッハがピットレーンスタートの22番手から5位フィニッシュした記憶があります・・・

      F1 2017ではハンドルの切れ角をステアリングサチュレーションで調整するようです。ステアリングサチュレーション45、ステアリング直進性45に設定するとだいぶ切り遅れが少なくなりますよ。
      あと、カメラ設定の項目で、カメラの位置を水平方向に後ろに目一杯下げます。これでカーブが唐突に迫ってくる感を減らします。視界の広さとミラー角度は任意で調整を。

      レースでも一般道でもそうですが、基本は曲がれるスピードまで落とすことが大事ですよ~。上記のコントローラの設定をした上で
      ロウズヘアピンはしっかり減速しながら、アウト側のウォールギリギリに寄せて切り込みます。エイペックス(イン側に最も接近する点)をカーブの4分の3辺りに取ります。
      2017から広くなった車幅・太くなったタイヤ・これらによる内輪差で曲がりにくくなっているようです。
      自分はタバココーナーとプールサイドシケインの脱出ラインでガードレールに当ててしまうことが多いですね(汗)

      F1 2017のレース設定のマシンダメージ(破損)の項目に「フル」の上に「シミュレーション」なるものがあるのをご存知でしたか?これはほぼリアルのレーシングカーの脆さを体験(修行?)できる代物です。タイヤとホイールの強度も繊細になってしまいます(笑)

    • MIYA

      たしかにクルージングのようにかなりゆっくり走ってるときはしっかりと曲がれるので、スピードの出し過ぎが原因ですかね・・・
      ブレーキが遅すぎるのか、それまでのアクセルが強すぎるのか・・・・。

      自分もよくプールの出口はよくぶつかります笑
      上達はしてないですが、それなりの周回数走ってるのでなんとなくアシスト無しでもラインが見えるようになってきました!
      ブレーキポイントがまだ勉強不足ですが(´・ω・`)

      今のままでもよくフロントウイングを壊しまくるので、「シュミレーション」でやったら・・・笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。