2017年F1 カナダGP感想

 

こんにちはMIYAです(´▽`*)

久しぶりにオープニングラップのクラッシュから始まったレースでしたね(^^)/

フォーメーションラップのクビアトの問題もありましたが、まぁ・・・。

 

 

完璧なスタートで一気に2番手まで駆け上ったベルスタッペンの無念のエンジンブローしかり、

グロージャン、サインツ、マッサのクラッシュという見どころ満載のスタートからの約3周。

 

フェラーリが思いのほか順位を落としてしまい、そこからはほとんどが個人ではなくチーム戦となった珍しいレース展開だったかと思います。

 

 

何はともあれ、今回の話題は「フォースインディア問題」ではないかな??

「ぺレスよりも後ろのオコンのほうがペースがいいから順位を入れ替えろ」というチームオーダーが出ていたようですが、それを頑なに拒んだぺレス。

まぁレーサーとしての気持ちを考えたら、わざと順位を下げるというのはどれほど悔しいことかと、ぺレスの気持ちも分からなくはないですが・・・((+_+))

 

結果としては最悪の展開。

約10秒近く後方にいたベッテルさんには2台とも抜かれ、目の前のリカルドももちろん抜けないという・・・。

 

素直にオコンに譲っていたとしてもリカルドをオーバーテイクして、オコンが表彰台に上れたかはわかりませんし、なにをしても鬼の形相で攻めるベッテルさんをブロックできなかったかもしれないし。

でも結果がこうなってしまった以上ぺレスさんは怒られちゃうのかな???

 

 

そしてマクラーレンホンダ(´・ω・`)

せっかく途中はポイント圏内にいたのに・・・

直線はまったく勝負にならない。

レースを完走するだけの耐久性もない。

 

 

どうするのコレ?

 

 

巷の噂では、HONDAはマクラーレンから残り数レース以内に結果を。という時限爆弾を持たされたなんてこともニュースになってますが。

 

正念場ですよ!HONDA!!!

がんばれ!!!!

 

 

 

メルセデスはよかったですね笑

前回のミスを取り返したのかな?

逆にフェラーリはせっかくのリードをこんな感じに取り戻されるとは(;・∀・)

 

 

いろいろあった試合ですがいろんな意味でこれからが楽しみな展開になりそう(*´ω`*)

それでは(´▽`*)




広告

 

4件のコメント

  1. 通りすがりのF1ファン

    いきなりマッサさんがかわいそうなことに・・・サインツは「そこにクルマがいるのは見えなかった」と言っていますが、フォーミュラカーのミラーはかなり後方に後続のマシンがいないと見えないそうですからね。接近してて真横以外は死角になっているのでエンジニアがGPSや国際映像から早めに他車の位置を教えています。

    ハミルトンさんはアイルトン・セナのPP65回に並び、レースではポールtoウィン完璧な強いレースでしたね。気温と路面温度が低めだっためタイヤがベストなパフォーマンスを発揮し、自身のドライビングスタイルに合うストップ&ゴーサーキットがマッチしてました。

    ライコネンさんは最後10周はブレーキが効いていなくてオーバーシュートしてしまったようです。おそろしい・・・

    ストップしたアロンソさんのサイドプロテクターをポイっと投げるシーンは・・・
    油圧低下が起きていたそうですが、エンジニアから「ショートシフトしないでくれ」とか言われてましてね。
    スペインGPで予選7位に入ったスーパーラップのようなドライビングをすると間違いなく壊れるようです・・・ パワーサーキットのバクーでは目も当てられないかもです。

    メルセデスとフェラーリが予選と決勝で上下するので独走したり、戦略絡みか、1コーナーを獲ったほうが勝ちとか読めなくて面白いです。

    • MIYA

      マッサは完全にもらい事故でしたね(;・∀・)
      まぁみなさん怪我がなくてよかった。

      今年は去年までとは比べ物にならないくらい面白いレースが続きますよね!
      チェッカーまでホントに結果がわからないのがいい!!
      もう少しライコネンさんの見せ場が増えてくれればいいのになぁ~・・・

      去年の記事を見返してて思い出したんですが、もうすぐル・マン24時間耐久じゃないですか・・・
      今年はいけますかね?
      「佐藤琢磨に続いてトヨタが去年の3分を取り返した!」なんてことになったら日本のモータースポーツの未来が明るくなりませんか?笑

  2. 通りすがりのF1ファン

    メルセデスはモナコGPの低迷を受けて、10日間にわたってファクトリーとシミュレータを24時間フル稼働でW08の問題の発見と解決に当たったそうです。それもチームスタッフさんの休日返上で(汗) それがハミルトンさんの快走につながったそうです。なんという執念と貪欲さ・・・

    レース展開にもよりますが、SF70Hがライコネンさんのドライビングスタイルに合ってないないのとエンジニアの放置加減がなんとも・・・

    ルマン24時間は片山右京さんがトヨタTS020をドライブするスティントでタイヤがバーストして優勝を逃したり、メルセデスCLKが単独で宙を舞ったりした1999年辺りから観てます。

    6月4日のサルト・サーキットでの公開テストではトヨタ3台が上位を独占してましたが、「耐久王」のポルシェ919は恐いです。昨年のTS050は信頼性はそんなに気にするほどでもなかったんですが、その「残り3分」でハイブリッドのシステム自体がシャットダウンするとは・・・
    インディ500のように最終スティントのポジション次第です。だから不安と期待で眠れません(笑)
    1991年に日本車のマツダ787Bが総合優勝した時盛り上がったらしいですが再現なるでしょうかね~

    • MIYA

      メルセデスでさえも問題を解決するにはそんだけの時間がかかるんですね・・・
      ホンダもそれくらい頑張ってるのかな??

      ルマンの予選は大変なことになったみたいですね!!
      可夢偉さんたちがまさかポールを取るとは!!
      これはホントにもしかしたら世界三大レース日本人2冠も夢じゃない!?( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。